広島県呉市
深山の滝




呉市天応に流れ出る大屋川の上流約3.3kmで天応から焼山への県道を堀切峠に向けて登る途中の中国自然歩道を川沿いに西に約500m行ったところにある。
小さな川なので時期によって水量は大きく異なるが、滝は上段10.5m下段14mの二段からなり、巾約20mもある一枚岩を流れ落ちているので水量がある時は見事な滝である。
この近くに戦国時代に毛利元就に滅ぼされた野間則綱の居城があり、その姫が落城のさい家臣とともに滝の上で自害したと言われており、「ひめつるの滝」とか「姫摺の滝」ともよばれている。


上段の滝
正面 側面


滝上から滝下を見る


滝口 滝壺



下段の滝
正面 側面


滝口 滝壺


H15.4.29