広島市安佐北区
南原峡の滝

石釆の滝
・・・
滝の案内板 下段の滝


下段の滝の側面 段のなめら滝

根之谷川支流の南原川を上った南原峡の可部冠山への登山道沿いにある。
南原峡駐車場から歩いて約10分で登山道取り付きの加賀津の滝に着くが、さらに急な階段を登り、左に堂床山分岐を過ぎて沢から分かれて山の斜面へ登るところを左に沢に沿って約100m行くとこの石菜の滝がある。
この滝は上部に高さ約10mを傾斜の緩いなめら滝となって流れ、下部は高さ6mを傾斜の急ななめらとなって流れ落ちている。
これが
石釆の滝で50mの間をゆっくりと流れ最後に急な傾斜となって流れ落ちている。幅が約15mと広く見栄えがする。
この滝の滝口には登山道が横を通っているので登山者も見ることができるが、滝下にはこの途中からも下ることができる。



加賀津の滝


・・・
滝の上段 滝の中段から下段


根之谷川の支流の南原を北上すると大きなロックフィルダムがある南原揚水発電所の下池である。このダムから1kmの左の谷に入り0.5km来たに行くと南原峡の二股。。
周辺は公園化されて飯ごう炊さんもできる。ここから谷は二手に別れ、左に折れた支流に沿って約500m歩くと道は行き止まり、目の前に20m上から流れ落ちているのが加賀津の滝である。
この滝は大きく分けて3段からなり上段が10m、中段が5m、下段が5mで迫力もありなかなか見栄えのする滝である。