佐伯郡湯来町
多羅多羅の滝


下段の滝
・・
下段の滝正面 下段の滝側面

この滝は町でもPRされており一般によく知られている滝である。
湯ノ山の北西の山を源流として、水内川に流れ落ちる支流にある。
湯来町の役場前から国道488号線を湯ノ山温泉に向かい、温泉街中心部の道を北東に進むと途中の谷への入口に「多羅多羅の滝」の案内標識があるのでここを入る。
谷を進むと沢沿いに出て小さな淵を右に見て、更に進んで沢を渡り樹林の中の道を登ると、やがて右前方に下段の滝が目にはいる。
この滝は上段、中段、下段の三つの滝から出来ているが、近づけるのは下段と中段で、上段は周囲が断崖のあまり遠くからしか見ることができない。
下段の滝は、約20mを一気に流れ落ちておりなかなか迫力がある。



中段の滝

中段の滝上部

下段の滝の左岸に鎖がついたよじ登るような道がつけられており、これを登りきると中段の滝を目にすることができる。
周りが絶壁で高さが約25mとスケールも大きくこれも素晴らしい滝であるが、水量が今ひとつなのが惜しまれる。



上段の滝
上段の滝は遠方からしか望めない

上段の滝は高さは約10mとのことであるが全く近づくことが不可能であり、遠くからしか見ることができないのは残念である。
遊歩道も整備されており、湯ノ山温泉の宿泊者もちょっと散歩に足を伸ばしているようだ。



・・
滝への入口の案内板 途中の沢にある淵


TOP