広島県佐伯郡湯来町
恵下谷の滝


中の滝
・・・
上段の滝上部 上段の滝全体


中段の滝 下段の滝


・・・
下段の滝滝口 下段の滝下流

この滝は水内川の支流、恵下谷川のさらに支流にかかる滝である。
廿日市市から湯来町に至る国道433号線が国道488号線と交わる湯来町役場前を右に折れ、和田の集落から右に道を取り恵下谷に入る。
約2kmの所の本流に高さ4.5mの水量も多い立派な滝が見られるが、そこから右に支流があり、この支流に沿って荒れた林道が続いているが、車はここに置いて林道沿いに南に約300m歩く。途中小さな滝が見られる。
林道が終わるとこれから先は全く道もない。沢に沿って少し登ると沢は二分し真っ直ぐ行くと「中の滝」、左に行くと「左股の滝」。まずは中の滝を目指して沢の中を遡上する。所々淵があって巻かなくてはならないし、右岸に行ったり左岸にいったりしなが登ると前方に大きな滝が見えてくる。
最後になめらの縁に沿って登ろうと思ったがイバラに覆われて進むことができない。どうやってもシャツには穴が空くし、引っ掻き傷はできる。仕方なく持参したナタを取り出して切り開いてどうにか通過。なめらに沿って登り上段の滝下にでることができた。
この滝は上段が約7mと2mの滝がなめらを流れ落ち、さらに左に曲がり約10mを湾曲を画いたなめらを流れ下っている。周りをなめらに覆われたなかなか面白い滝だ。
流れは直角に右に流れを変えて下段は2.2mのなめらを流れている。
さらに、その下で約4mの滝となって流れ落ちている。



左股の滝

左股の滝には中の滝より約200m下って右岸から流れる沢に入る。
もちろん道はなく、小さな淵もその真ん中を通って登っていくが沢が小さく、ヤブを歩いているようだ。約100m遡上すると切ったような約4mの一枚岩を水が流れ落ちている。水量も少なくあまり冴えない滝である。



右股の滝
上段の滝 上段の滝上部

中段の滝

下段の滝

中の滝の沢との合流部から約150m下ると左岸から支流が流れ込んでいる。
この沢を約100m登ると下段に約4mの滝がみられ、その上流に中段の3mと2mの滝、そして上段はなかなか立派な10mと5mの組合わさった滝がありその下で流れは右にカーブして中段に流れ落ちている。
滝の規模の割りには、これもちょっと水量が今ひとつなのが残念である。



恵下谷川の滝
恵下谷川支流から流れ落ちる滝

恵下谷川支流取付の本流にかかる滝

この恵下谷に入るとすぐに左岸から流れ落ちる約4mの滝がある。よく目に付く滝である。
そして恵下谷の滝のある支流と本流が合流するところに約5mの滝がある。水量も多くて迫力も十分だ。



恵下谷川支流の滝・淵
支流最下流の滝下段 支流最下流の滝中・上段

中の滝下流の淵 中の谷下流の淵

滝のある支流にも滝や淵が多い。支流に入った直ぐのところに三段になって流れている滝がある。2〜3mの滝が連なっている。
上流に行くとなめらの淵が多い。これを乗り越えながら進むのも苦労する。


TOP
03.03.29