佐伯郡湯来町
石ケ谷峡の滝


・・

水内川の左岸に管沢の集落から流れ込んでいる石ケ谷川にこれらの滝はある。
湯来町を走る国道433号線が湯来町役場前から湯来温泉に行く途中の右側にデカデカと案内板や案内標識が出ているのですぐ分かる。
この渓谷には多くの滝や渕が見られ、県民の憩いの場所として四季折々訪れる人も多い。
遊歩道も最近は整備されて、以前はオフロード車でも途中までしか行くことは難しかったが、今ではオフロード車であれば最奥部まで行くことがてきるようになり、所々に東屋まで設置された。
この石ケ谷峡の入口から燈明の滝までの約4kmの間を一般に「石ケ谷峡」と呼んでいる。



・・
黒渕 櫃渕

三度石の滝

比丘の瀬滝

渓谷の入口近くに見られる滝や渕は、まず黒渕、櫃渕、三度石の滝、そして比丘の瀬滝。
三度石の滝は左岸にあるが普段は水はほとんど流れていない寂しい滝。比丘の瀬滝は高さは約6mのなめら滝であるが本流にかかっているだけに水量も多く阿修羅の如く迫力は十分。流れ落ちた水は直角に右に流れを変えている。



・・
三段の滝 夕立滝

そこから上流にかけて右岸に三段の滝、本流に姫滝、そして左岸に夕立の滝、右岸に出合滝と続く。
三段の滝・姫滝は小さな滝。夕立の滝は、左岸に切り立った約45mの岩を流れ落ちているが、通常は水はほとんど流れておらず雨後は素晴らしい滝となる、まさに夕立である。
出合滝は、石ケ谷川の右岸の支流から流れ込む沢にかかる高さ11mの滝で、その下にさらに約4mのなめら滝がある。しかし、あまり見栄えはしない。


・・
出合の滝 夫婦渕


・・
白髪滝 段々滝

これより上流には夫婦渕、白髪滝、段々滝、長滑、丸渕等の滝や渕。そして最後に有終の美を飾るのが燈明滝である。
燈明滝は、石ケ谷峡の最奥部の本流にある高さ8mの滝で滝壺も巾・長さとも約10m、深さも3mあるということであり、周りの雰囲気と相まってなかなか素晴らしい。
道路沿いにあるが滝壺に下りるには急な斜面を木や岩につかまりながら下らなくてはならないので、一般の観光客には下りるのはちょっと難しいかも。


長渕 丸渕



燈明の滝


燈明の滝滝口 燈明の滝上部


TOP

030329