山県郡加計町
深山峡の滝


深山滝

深山峡は太田川が滝山川と合流する箇所の滝山川の支流が滝山川。
約600m入ったところに次々と滝が現れ、緑地保全区域としてすっかり公園化され、多くの人が訪れている。
深山峡入り口には約8mのなめら滝があり、その200m上流に深山滝がある。滝は約13mで平らな岩盤から二段になって落ちている。
さらに上流100mに夫婦滝、その25m上流に処女滝、五段滝と続く。



五段滝

県の緑地環境保全地域に指定されている深山峡の遊歩道に沿って行くと、一般の人は深山滝まででかえってしまうが、ここから急な坂道を登ると右岸から左岸に向けて橋がかかっている。これを渡り左岸にある小道を川に沿ってさらに進むが川の様子は樹木に遮られて、この下に夫婦滝と処女滝があるはずだが残念ながら見ることはできない。
この小道を突き当たったところに再び橋があり、前方に壮大な流れが目にはいる。これが五段の滝である。くの字に曲がりながら約16mを流れ落ちている。水量が多いのでなかなか見応えがある。
さらに上流にも名のない約5mの流れが滝となって落ちていた。



深山峡上流の滝


TOP