山県郡戸河内町
三段峡の滝
U(聖湖〜餅の木)


三ツ滝

八幡を源流として一旦聖湖に貯められた水がさらに下流の柴木川に流れてている渓谷が三段峡。国の名勝であり、国定公園ともなっている。
この渓流は、集落のある餅ノ木で一旦開ける。この間には沢に沿って探勝路がつけられており大小様々な滝を見ることができる。
聖湖からの急坂を下って300mのところに見えるのが「三ツ滝」。素晴らしい大小六段の滝と周りの木々とのコントラストは抜群である。2段目と6段目は一番高くて約10mある。三段峡最大の滝であり、自分自身もこの渓谷では一番好きな滝である。



貴船滝

三ツ滝より探勝路をさらに50m下った右側の支流から流れ落ちているのが「貴船滝」。三段の滝となっており上段6m、中段1.6mのなめら、下段1.8mで遊歩道のすぐ右岸にある。


竜門 繰糸滝
・・・
さらに100m下った本流が約150mにわたって深い岩溝をつくり三段の滝となって流れている「竜門」がある。周りが絶壁となっているので、この流れは豪快そのもので迫力も十分である。 さらにその100m先の支流にかかっているのが「繰糸滝」。高さは100m位あろうか、高いが水量はいまひとつで迫力不足






出合滝

次々と現れる滝に目を奪われていると、左岸前方に小坂から流れ込む支流の本谷川との出会で本流に流れお落ちているのが「出合滝」。この直ぐ奥にも滝があり、なかなか見栄えのする滝らしい滝である。


・・・






娘滝
さらに餅ノ木橋への600m手前のみぎ側の斜面から2段からなる滝がある。小さな支流にしては水量もまずまずで上段は6m位ある「娘滝」。なぜ娘なのかよく分からない。
これを下ると一旦開けた平坦な餅ノ木の集落の中を川は流れる。滝の続くこの間の渓谷は春の新緑、秋の紅葉は一段と冴えることだろう。



TOP