広島県山県郡戸河内町
白井谷の滝




戸河内から吉和への道を太田川に沿って南下すると、立岩ダムの下流の左岸に流れ込む支流白井谷川があり、白井谷橋からこの沢の奥約300mにかかる滝である。
この谷に入ってみると、なかなか大きな谷で巾も広く沢には大きな岩がごろごろしている。道はないので沢の中を足場を探しながら、時には滝を巻いて遡上していく。
上流に行くとやや沢は右にカーブし、所々にある滝のある箇所は谷も狭まって少しづつ巾も狭くなってくる。
この谷には多くの滝や淵が見られ、谷に入ってしばらくして最初の滝がある。よく見ると大きく四段に別れており上部から約2m、次が約6mで一番大きく、三段目・四段目は約3mでまずまずの滝である。
さらに上ると約3mが三段となった滝が、遙か彼方に白井谷の滝が見えてくると約3mと約1mの滝というか淵というかがあり、沢を右に左に、ある時は滝を巻いてやっと目の前に白井谷の滝を見ることができる。
白井の滝は、上段が二段の滝と下段の滝で構成されているが、上段が傾斜のついた高さ約6m、下段も傾斜のついた約4mとあまり規模は大きいとは言えない。
さらに上流は深山の趣がありなかなか素晴らしい景色である。
上流にも二段の立派な滝があり、上段は高さ4mの滝が滝口を2箇所に分かれて落ち、滝壺で一緒になって下段の3mの滝となって流れおちている。
白井谷はなかなか雄大で素晴らしい谷であり、もっと奥まで行って見たかったが、今日のところは上流の滝までで引き返した。



下段の滝側面 下段の滝口


上段の滝

上段の滝上部からの眺め

上段の滝口





下流の滝

白井谷の滝下流の渓谷




最初の滝

上段の滝前方 上段の滝側面

上段の滝滝口




二番目の滝


二番目の滝下部 二番目の滝上部




三番目の滝




四番目の滝



上流の渓谷と滝

上流の渓谷




上流の滝


上流の滝上段の滝


TOP
03.4.5