山県郡吉和村
二の原の竜頭滝




戸河内から吉和に向かう県道沿いの立岩ダム(太田川)の下流1.7kmにある二の原谷の支流にかかる滝である。
夏場だと木々の葉ものびて、道路から滝を直接見ることはできないが、今の時期だと葉を落とした木々の間から遠くに少し姿を望むことができる。
支流に沿って少し進むと岩の多い場所に出て、前方に三段なって勢い良く流れ落ちている滝を望むことができる。水量も多く迫力は十分である。特に一段目を落ちた滝がおわんのようになったなめらに落ちて流が上に向けて飛び出す姿は何とも言えない躍動感があり素晴らしい。
上段が約6.5m、中段が約8m、下段が約3.5mである。
下段のみ滝壺が見られ、これは下の岩からやや急なササ床の斜面を少し登り左の岩に行くとみることができる。
なかなか見栄えのする滝である。



上段・中段の滝

上段の滝上部 二段の滝上部


中段の滝下部

下段の滝 下段の滝上部


TOP

03.4.5