広島県大竹市
錦竜の滝



国道2号線が大膳川を横切る南側の川沿いの道をのぼりこの行き止まりに、川を左岸に渡る赤い橋がありこれをわたってジグザグの道を登ってさらにすすむ。橋のある大きな堰堤から約250m行くと小さな滝がある。これをさらに50m奥に行くと前方に錦竜の滝が姿を現す。
この一帯は錦竜公園憩の森となっており、滝もその一角をなしている。
大膳川はあまり大きな川ではないがその本流にあり、高さ9mで小さく二段となってる。滝つぽは長さ・巾とも15m位あり結構大きい。
最近は上流に防砂堤ができたうえ、最近雨が少ないこともあり水量は以前と比べて少なくなり迫力に欠けてきたのは残念だ。


滝の上部 左岸からの錦竜の滝



錦竜の滝の下流の滝

錦竜の滝の下流100mに2mのなめら滝とその下になめらを流れながら二股に分かれて流れ落ちた流れが傾斜のついたなめらを滝となって落ちている。
あわせて20m弱。この滝下には遊歩道から下る道がついているので、これをくだって石伝いに約50m遡上する。
水は澄んできれいで底が透き通ってみえるのは気持ちがよい。


上流の2mの滝とその下のなめら


TOP

02.12.22