広島県廿日市市佐伯町
万古渓の滝


大滝(大魚切)


大滝側面 大滝滝壺


大滝滝上部 大滝の流れ


国道186号線から佐伯町中心部を通って五日市に抜ける県道を少し行った栗栖で小瀬川の支流七瀬川に沿って北に向かい、さらに所山でその支流大虫川を上ると名勝万古渓があり、この渓谷にかかる滝である。
渓谷への入口は下流の渓谷入口の案内板があるところと、もっと先に進んだ高い場所にも整備された散策道が下っており、ここにも案内板があって、いずれからでも大滝に道が続いているが、一般には後者の道を使う人が多いようだ。
今日は下流の入口から道をとり下って沢の中を渡る。道は次第に沢から離れて巻き道となり一旦尾根に登り下ると再び沢沿いに出る。
左岸の沢沿いの道を上ると上部からの散策路から下った道が右岸に見えるので、沢の中を渡ってこの道と合流し遡上する。途中孫淵という長さ12m、巾7m、深さ5mもあるポットホールと呼ばれる昔滝壺と思われる大きな岩の穴があり面白い。
ここから少し行くと高い絶壁に囲まれた大きな滝壺をもつ大滝に着く。流れが右に曲がっているところにかかっておりなかなか見栄えのする素晴らしい滝である。
約20mの高さから一気に流れ落ちている。周りは約50mの断崖に囲まれて素晴らしい景観をつくっている。



孫淵





小滝(ねむり滝)


小滝側面 小滝滝口


度々訪れている大滝を後にして小滝に向かう。小滝に行くには往路に通った道が沢から離れるところまで下り、ここから道を離れて沢の中を下って行くが、沢が歩けなくなったところで右岸に渡って、沢沿いに道なき道を木につかまりながら足場を探して下っていく。時には左岸に再び右岸に、相当下ったようだが滝は見えない。
その内に流れの音が聞こえ初め滝の近いことを感じていると滝の上部が見えたので滝口に下りてみる。
大滝に比べ規模は小さいが滝壺はなかなか立派。滝の岩を巻いて滝下に下る。
流れが左に曲がって再び滝壺で右に曲がっているので水の中に入らないと滝は前から見えない。
高さは約4.5mとあまり大きくないが、水量も豊富で水もきれいだ。周りの静寂のなかに滝はあり、神秘性を感じさせる。
さて、これから渓谷の入口迄の道が大変だが、下流から上った方が距離も短く楽であったようだ。

TOP

03.4.5