広島県廿日市市佐伯町
アカナメラの滝

下段の滝
滝下からの下段の滝

下段の滝側面

下段の滝上部より滝下を見る



中段の滝
滝下からの中段の滝
・・・
上段の滝上部 上段の滝上部より滝下を見る


中段の滝から見た上段の滝



上段の滝
滝下からの上段の滝

上段の滝上部より滝下を見る


羅漢渓谷から国道186号線を北に約1.5km進むと左手の国道沿いの渡ノ瀬川に流込む支流がみられる。
これが目的のアカナメラ滝のある沢で深い樹林の中を鬼ケ城山を源流として、大きな標高差をもって流れ落ちている沢である。
この滝にはこの支流を取り付きから約700mも遡上しなくてはならない、まず、取付に行くには渡ノ瀬川を渡らなくてはならない。水量は結構多いしなかなかいいところが探せなかったが濡れることを覚悟のうえで場所を選んでやっとわたる。
結構川の幅も広く一面に赤茶色の岩で覆われた上を水が流れているが、道がないので沢を伝って進む。途中から左岸のヤブが歩き易いのでこちらを歩く。
どこまで行っても岩だらけで1〜3m位の淵が次々と現れる。なかなか素晴らしい渓流である。水も澄んで美しい。周りは樹林に覆われて沢以外全く展望はない。なんだかいつクマが現れても不思議ではない雰囲気である。
約400m進むと沢は右にターンし北東方向に遡上する。さらに約300m進むと深山の趣のなか、沢が左に曲がったところに目的のアカナメラの滝を目にすることができた。
滝は下段の滝、中段の滝、上段の滝に分かれいる。下段の滝は高さ約9m、傾斜のついた2mのなめらから一気に流れおちている。そしてここの滝壺が一番大きく約15m四方ある。
そこから約30m上流に中段の滝があり、この滝が小さいが最も滝らしく、約5mを一気になかれ落ちている。
上段の滝はそこから約20m上流にあり、約30度のなめらの右端を流れている。
さらに上流には多くの淵があり、これまた素晴らしい渓谷美を見せていた。
支流の取り付きからアカナメラの滝まで約約50分かかった。しかしあまり訪れる人は少ないようで、こり滝を見た感激もひとしおであった。



滝の上流
アカナメラの滝上部には多くの淵があり美しい



滝の下流
滝のある支流にはいったすぐの淵

支流から少しはいったところの淵

・・・
下流部の淵は広い 次第にこのような淵が滝まで続く

滝との中間部の淵

TOP

03.3.15