広島県廿日市市佐伯町
三 滝


小瀬川沿いの国道186号線を羅漢山方面への分岐道を過ぎ、さらに上流に行くと右手の山から流れ込んでいる支流がある。
この支流を少し奥にいくと目の前にL字形に曲がった岩の斜面を流れ落ちる滝が見える。地形から水量が少ない時は全容を見るのは難しいが、斜面を立木につかまりながら下ると滝下に下りることができる。雨後など水量が多い場合は迫力もあるだろう。
滝は3段となってり最上段のなめらをいれて中段をあわせて10m。さらに淵が続いて1.5m流れ落ちている。
倒木が前方をふさぎ眺めはいまひとつ木が邪魔になっている。

TOP